お金を借りるときに身分証明書は必要?利用するときの流れは?

Posted on

給料日までの生活費がどうしても足りない、金銭トラブルに巻き込まれてまとまったお金が用意出来ないときなどに役立つのがキャッシングサービスです。

申し込みから審査、借り入れとスムーズにいけば当日中にお金を借りられることもあります。そこで困ったときに手助けしてくれるキャッシングサービスや身分証明書は必要なのかについて詳しく紹介します。

借り入れサービスの種類

借り入れサービスはどれもお金を借りることが出来るというのは同じですが、利用者や借りる目的、貸し手によってサービスの内容が変わってきます。無担保で借りられたり、保証人も不要で借りたお金は自由に使えるケースが多いです。

借り入れサービスには即日キャッシングやおまとめローン、無利息キャッシングやフリーローンなどがあります。即日キャッシングは申し込みをするとすぐに審査に入り、即日受け取りが可能です。スピード重視のサービスです。

おまとめローンはいくつかの会社から借り入れをしている場合に、借り入れを一つにまとめることが出来ます。総返済額がきちんと把握することが出来たり、返済額を少なくすることも出来るのが特徴です。無利息キャッシングは決められた期間内の借り入れなら利息が無料になり、早く返せば無利子で借りられます。

期間を過ぎると利息が発生する仕組みです。フリーローンは使い道が自由になっています。サービスを提供している会社にも様々な種類があり、銀行カードローンや銀行系カードローン、信託系キャッシングなどもあります。

銀行カードローンは無担保や保証人無しのキャッシングやローンを提供していて、銀行系カードローンは銀行が大株主にもなって借り入れサービスを行っています。信託系キャッシングはクレジットカードを作ることで、そこから借り入れが出来るシステムを採用しているのです。

キャッシングの賢い選び方

キャッシングサービスなどを利用するときには、目的や借りる金額などによってサービスを使い分けることが大事です。

計画的に利用するためにも各サービスの特徴を知って、選んだ方が良いです。すぐにお金を用意しなければならない、今すぐ借り入れをしたいときには消費者金融系のカードローンを選択します。消費者金融系のサービスなら自動審査システムが確立されているので、素早く審査をしてくれます。

審査時間が大幅に短縮されるので待ち時間も少なくなるのです。審査基準も厳しく設定されていないので、審査も比較的通りやすくなっています。融資をすることが決定して振り込みまで30分とスピーディーで、困っているときに便利です。

その分他のサービスより金利が高めに設定されていたり、融資の金額は少なめになっているので注意します。出来るだけ低金利で借りたいときには、銀行系カードローンです。貸金業法の総量規則の適応外となっているサービスなので、受けられる融資も高額になります。

審査は厳しいですが、その分返済能力があるとされる人物に貸付けをするので低金利になっているのが魅力です。銀行が大株主になっているので安心感があります。審査に時間を掛けるので、早めに申し込みます。今すぐ借り入れをして、低金利で負担を軽減したいときには信託系カードローンです。

誰でも一度は聞いたことがあるような大企業が運営しており、銀行系カードローンよりも素早く、消費者金融系よりも低金利での貸付けをしています。

借り入れサービスが含まれるクレジットカードを持っていればすぐに申し込めるのも良いところです。

(語学留学に必要なお金を借りる方法について)

申し込み方法とは?

キャッシングサービスの申し込みは色々な種類があり、自分の都合や使いやすい方法を自由に選べます。時間がない忙しいときでも気軽に申し込めるものが多く、思い立ったときに利用することも可能になっています。スマートフォンやパソコン、無人契約機や窓口、電話や郵便で申し込みを受け付けているのです。

スマートフォンやパソコンからは公式ホームページにアクセスして、サービスの利用を申し込む手順です。申し込みフォームから利用規約などをきちんと読んで、必要事項を入力します。必要事項は名前や住所、年齢や職業、年収などの審査に必要な情報です。

情報を入力して送信すると仮審査のメールが送られてきて、審査結果が分かります。無人契約機は駅前や街中に設置されている機械で、利用したい会社の無人契約機に足を運びます。無人契約機の指示にしたがって必要事項の入力や本人確認書類のスキャンをし、本審査に進むのです。

金利や借り入れ額の説明を聞くと、カードが発行されます。

身分証明書は必要?必要な書類は?

申し込みをするときには身分証明書を提出します。身分証明書を提出することで本人確認をすることができ、他人が勝手に借り入れをすることを防ぎます。また身分証明書から必要な情報を取り出すこともあるので、申し込みや審査のときには必ず持参します。

身分証明書として有効なのは運転免許証やパスポート、住基カードやマイナンバーカード、保険証です。

身分証明書に住所が記載されていないときや本人の顔写真がないときには追加で公共料金の領収証が必要になることもあるので、事前にチェックしておきます。

その他に収入を証明するための源泉徴収票や給与明細書を渡します。

審査は?身分証明書を参考にする?

審査は30分から1時間程度で終わりますが、選んだサービスによっては時間が掛かることもあります。提出された身分証明書や自ら申告した情報で審査結果が決まります。申し込みのときに提供した名前や住所、勤務先や年収などを参考に貸付けが出来るのか、きちんと返済してくれる人物なのかを判断するのです。

電話で勤務先の在籍確認や自宅へ連絡して本人確認をするケースあります。また過去に借り入れをしているのか、その返済状況などの信用情報も含めて審査されます。銀行系カードローンや銀行のキャッシングサービスなどではスコアリングシステムを採用し、即日審査を実現させています。

スコアリングシステムはその人の基本情報などの各項目に点数を付け、合計点数で審査結果を決めるのです。年齢、勤続年数や雇用形態と細かく項目が作られています。

返済方法は?

返済方法も様々な種類があり、口座引落やATMでの支払い、インターネットを利用した返済などがあります。口座引落では一括での返済や毎月の返済があり、毎月の返済方法を選ぶと月に一回決められた金額が自動的に引き落とされます。

自動的に引き落とされるので返済日を忘れてしまっても延滞する心配がありません。ATMでは毎月決められた期日までに返済するときに使われたり、繰り上げ返済にも使われています。繰り上げ返済はボーナスの支給でまとまったお金が入ってきたときに、繰り上げて返済することです。

予定よりも早く返すことで利子の負担を軽減したり、借り入れ期間を短く出来るのです。インターネットでの返済を希望するときにはキャッシング会社に確認をして、使えるのか聞いておくと安心です。インターネットバンクにログインしたら振込先を指定して、振り込む金額を入力するだけで返済となります。

参照元|なんどでも!1週間無利息のカードローン【ノーローン公式】http://noloan.com/