語学留学に必要なお金を借りる方法について

Posted on

社会人として働いていくうちに語学への興味が湧いてきたという人や、現在の仕事に生かすためにさらなるスキルアップを目指したいという人におすすめなのが語学留学です。しかし、語学留学に必要なお金がネックになっているという人も多いのではないでしょうか。

ここでは語学留学のためのお金の調達方法や、お金を借りる方法について紹介しているので参考にして下さい。

貯金を使って語学留学の費用に充てる

社会人が語学留学するためのお金を調達する方法として、最も確実でリスクがないのが貯金を下ろして使う、または語学留学のために貯金を始める方法です。

すでに語学留学をするのに十分な貯金がある場合は、それを使うようにすると良いでしょう。もし、貯金がまったくない場合や、語学留学をするのに十分な貯金がない場合は、目標額を設定して貯金を始めることで語学留学の費用を調達することができます。

語学留学の時期や目標額から、毎月どのくらいを貯金すれば良いのかが見えて来ます。それに向けて無駄遣いを減らしたり、車通勤を止めて歩くようにするなどの工夫をして貯金に回すようにすると良いでしょう。

親にお金を借りる

語学留学のために貯めたお金があるけれど、どうしても目標額にあと少し足りないというような場合もあるかもしれません。そういった場合は、親に頼んでお金を借りる方法があります。お金を借りる方法には友人や知人に頼む方法もありますが、赤の他人同士での借金は後々トラブルになることがあります。

また、トラブルまでいかなくても、借金が原因で友人関係が気まずくなることも考えられるため、どうしても借りる場合は親に借金を申し込む方法をおすすめします。親に借金を申し込む場合は、自分が語学留学で何を得たいのかや、帰国後の転職プランなどをしっかり説明すれば、納得してもらえるのではないでしょうか。

会社の語学留学制度を利用する

貯金も無いし親に借りることもできない場合は、会社の語学留学制度を利用する方法もあります。こうした制度があれば語学留学に必要な費用を会社に出してもらえるため、お金の心配をすることなく語学留学ができます。ただし、語学留学制度はすべての会社で用意しているわけではないため、事前に自分の会社にあるかどうかを確認しておく必要があります。

また、語学留学制度がある場合も、留学期間中の給料がどうなっているのかや、留学費用としてどこまで出してもらえるかなど、制度の内容はそれぞれ違うため、それによって自分が用意すべきお金がどのくらいなのかも変わってきます。

会社の語学留学制度を利用すれば、お金の心配をせずに楽に語学留学ができるイメージがありますが、実際はそう簡単ではありません。語学留学を希望すれば誰でも留学できるわけではなく、語学留学制度を利用するためには書類選考などの審査や面接、テストなどさまざまなハードルをクリアしなければなりません。

語学を一から学びたいというのではなく、会社の語学留学制度を利用してさらなるスキルアップを目指す人を対象としているケースがほとんどです。また、会社によっては留学後にすぐに退職した場合など、留学費用の返還を求められることもあるので注意が必要です。

留学ローンを利用するメリットとデメリット

今すぐに語学留学したいのでお金が貯まるまで待っていられないという人や、会社に語学留学制度がないという人におすすめなのが、留学ローンを利用する方法です。

留学ローンのメリットは審査に通ってお金を借りることができれば、すぐに語学留学ができるという点です。

留学ローンはフリーローンなどに比べて、借入限度額が大きく設定されていることが多いのもメリットと言えるでしょう。また、親と言えども身内に借金をするのは抵抗があるという人にもおすすめの方法と言えます。留学ローンのデメリットとして挙げられるのが返済義務が生じるという点です。

親に借りた場合、最悪返せなくなったとしてもあまり問題にはなりませんが、留学ローンの場合はそうはいきません。親からは無利子で借りることができても、留学ローンの場合は金利が付くというのもデメリットと言えるでしょう。

また、留学ローンに申し込む場合は、留学先の学校のパンフレットなど語学留学目的ということや、どのくらいの金額がかかるのかなどがわかるような書類の提出が必要になります。とりあえずお金だけ借りてあとから行先を考えるというわけにはいかないので注意が必要です。

語学留学費用の調達方法には、留学ローン以外にフリーローンを利用する方法もあります。フリーローンは利用目的が自由なので、語学留学にも使うことができます。留学ローンに比べて金利が高かったり、借り入れ限度額が低く設定されていることがありますが、留学ローンよりも借り入れのハードルが低いというメリットがあります。

借入金額が大きくなるとちょっとした金利の差も大きな違いになりますが、借りたい金額が少額の場合は、手間をかけたくないのでフリーローンを利用するといった方法もおすすめです。

(お金を借りるときに身分証明書は必要?利用するときの流れは?)

留学ローンやフリーローンの選び方

ほとんどの金融機関で留学ローンやフリーローンの取扱をしているため、実際に利用する場合はどの金融機関に申し込むかが重要になってきます。

それぞれの金融機関によって金利や借入限度額、借入期間などが異なっているので、語学留学にどのくらいのお金が必要なのかをはっきりさせた上で選ぶようにすると良いでしょう。

金融機関によっては給料振込や口座振替などの利用で金利がお得になるところもありますし、わざわざ窓口に足を運ばなくてもネット上で申し込みができるところもあります。ネット完結型の申し込みなら、面倒な書類の記入なども不要なので忙しい人にとって大きなメリットと言えるでしょう。

各金融機関の留学ローンやフリーローンの詳細については、留学ローンやフリーローンの比較サイトでチェックすることができます。

1度に数多くの金融機関を比較できるので便利です。また、実際に語学留学で留学ローンやフリーローンを使った人の口コミや評判を参考にする方法もおすすめです。金利や限度額の情報の他、申し込み方法や審査の厳しさ、本人確認の方法などについての情報も掲載されているので、語学留学のために金融機関からお金を借りようと思っている人は、まずは比較サイトや口コミサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。